ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

打見山~比良岳~烏谷山縦走(滋賀県大津市)

7月20日(土) 晴れ
今週どこに登るか、決めていなかった。また、土日のどちらに登るかも決めていなかった・・・。
朝起きて、意外に涼しかったので急遽、行くことに。
で、山は? 迷った末、昨年同じ時期に登った蓬莱山から間違えて降りてしまった(途中で引き返しました)コースの雰囲気が良さそうでしたので、そこを登ることに決めました。
コースは、坊村で降りて、しばらく林道を歩き、牛コバ~白髭淵~夫婦滝~汁谷~打見山。時間に余裕があればそこから比良岳を縦走しようと思って準備をして、いざ出発。
坊村へは出町柳7時45分発のバスなのでゆっくり目で大丈夫だが、夏場はもう少し早い時間に出来ないものかと思うのは私だけでしょうか?
出町柳には結構な人。2台のバスが満員で出発。1時間ちょっとで坊村へ。
直ぐにトイレを済ませてストレッチ。準備完了して歩き始める。バス停から直ぐ近くにある「比良山荘」
d0182075_7234617.jpg
お店の方にパンフをいただきましたが、結構良いお値段。ここで食事するにはかなりの出費が・・・。でも、お金があれば来てみたい雰囲気のお店でした。(宝くじが当たったら来よう!)
そして近くの神社で今日の無事を祈る。今日のコースは看板に書いてある通り。
d0182075_7263860.jpg
白谷コースですが、見ると3時間30分とある。武奈ヶ岳へは2時間30分だが、先日歩いた時に2時間15分ほどかかっているので、結構時間がかかりそう。でも、沢沿いのコースなので涼しいのではと期待して歩く。
先ずは舗装路の林道。途中から未舗装の林道を歩く。先に歩いている人がいるので心強い。
d0182075_7293875.jpg
20分ほどで三の滝の水場。
d0182075_7301860.jpg
ここで皆さん、最初の休憩を取られるようで、そのまま進む風来坊は結局一人歩きに。比良山荘で冬は熊料理が美味しいですと聞かされていたので、一人は不安だが鈴を持ってきたので安心?して歩きます。
d0182075_733511.jpg
牛コバです。ここまで40分。ここから登山路らしくなります。
d0182075_7334364.jpg
良い雰囲気の森。今日の山歩きの選択は良かったかなと思えた瞬間。
でも、しばらく歩いて行くと橋が・・・。
d0182075_738072.jpg
何となく頼りなさげな橋。でも、思ったよりしっかりしていて良かったです。橋から見る沢と森。
d0182075_73979.jpg
白谷コースは沢沿いにほぼ歩くコース。夏場にはぴったり。
d0182075_7401511.jpg
ただ、鈴鹿山脈ほどではないが、ヤマヒルに注意と書いてあったブログがあったので、気を付けながら歩きます。近くの皆子山もヤマヒルが出るらしい。
しばらくすると急登の始まり。いよいよかと覚悟を決めて登ります。
d0182075_7423588.jpg
坂の途中に綺麗なキノコ。トマトみたいな赤がきれいですが、きっと毒キノコでしょうねぇ・・・。
d0182075_7431050.jpg
そして木の階段。
d0182075_743295.jpg
これも何となく頼りなさそうですが大丈夫です。登り始めて1時間30分で白髭淵。
d0182075_7444240.jpg
登山路にはこのような案内版があるので分かりやすい。白髭淵への道は崩れているようですので、川に降りて何とか行きました。雰囲気があります。
d0182075_747015.jpg
登山路は少し急登がありましたが、そんなに長くなく登りやすいコースです。少し沢から離れてきました。
d0182075_7475713.jpg
白髭淵から30分ほどで夫婦滝。登山路から少し入ったところにありますが、ゆっくり見て帰って往復10分程度。
d0182075_7495357.jpg
ここからは再び沢沿いに。
d0182075_751512.jpg
そして本日唯一の渡渉箇所。すれ違ったグループの方が怖かったと言われていましたが、ロープに頼らないようにして歩く方が歩きやすい。直ぐに渡れます。
d0182075_753090.jpg
先ほどの方からお見事と拍手をいただきました(苦笑)。
狭い道が続きますが、良い雰囲気です。
d0182075_7542348.jpg
青い服を着ているのは釣り人でした。イワナが釣れるそうです。ゴンドラ駅から降りてきて、釣りをしているようです。でも、この後に若者が数名降りてきて水遊びをしそうでしたので、後はきっと釣りにならなかったと思います。
ここからの景色をどうぞ・・・。
d0182075_7554797.jpg
d0182075_7561094.jpg
d0182075_756941.jpg
ヤマアジサイも水に合います。
d0182075_7565828.jpg
そして夫婦橋。
d0182075_757568.jpg
昨年はこの辺りで登って来た人に聞いて、間違った方向に降りていると知った場所です。
この辺りからスキー場が近くなりますので人工物が増えてきます。クリンソウの湿地もあります。
d0182075_833749.jpg
そして、ゲレンデ。
d0182075_84737.jpg
ここから木戸峠へ行けそうに地図には書いてあったのだが、分かりにくい。スキーのリフトの付近にはロープが張ってある。
d0182075_949749.jpg
「今日のコース」の文字の右下の分かれ道があるのだが、案内も無い。で、仕方なくゲレンデを登って琵琶湖バレーの遊び場へ。(緑色の線が今日歩いたルート、黄色がショートカットの道)
d0182075_871944.jpg
打見山の近くを通り、景色を堪能。琵琶湖がきれいに見えます。
d0182075_881889.jpg
人も前を飛んでいきます(笑)
d0182075_89024.jpg
遊び場の少し下にハンモックの広場。ここまで3時間10分。12時になりましたので、昼食。ハンモックで休憩・・・。
d0182075_8104814.jpg
と言う訳にもいかず、20分ほどの食事・休憩で歩き始めます。12時30分ですので比良岳へ縦走することにしました。
途中、アサギマダラが・・・ 比良山系は蝶が多いと先日、八経ヶ岳にご一緒した方から聞いていましたので見れるかと期待していましたが、期待通りで嬉しい!
d0182075_8133111.jpg
でも、なかなか羽根を開いたところを写せませんでした。そして、ゴンドラ。
d0182075_814185.jpg
昼食後、歩き始めてからクロトノハゲまで20分。ここから比良岳へ分かれます。真っ直ぐ降りると志賀駅。
d0182075_8301494.jpg
ここからの道が少し危ない。
先ずは腐りかけの橋。来年になると風来坊の体重なら間違いなく折れそうです。
d0182075_817448.jpg
そして斜めで渡れない橋(でも、橋が無くても大丈夫)
d0182075_8182577.jpg
最後は崩れた場所。ここは慎重に・・・。
d0182075_8184956.jpg
クロトノハゲから15分で木戸峠へ。
d0182075_8191984.jpg
スキー場を登って、打見山付近を周回するより近道が良いなと思って、道を探すと直ぐ近くの場所にリフトの駅。
d0182075_8311815.jpg
登山路からゲレンデが見えた時に左にあったリフト駅と思われます。駅から直ぐに木戸峠に行けますので、次からはこちらへショートカットした方が1時間ほど早いし、クロトノハゲからの少し危ない道を通らずに済みます。
木戸峠からの道はとても歩きやすい。しかし、人は少ない。
d0182075_8251243.jpg
比良岳の近くに「小さい秋」が・・・。
d0182075_8254838.jpg
そして比良岳(1,051m)。展望はありません。
d0182075_826676.jpg
一旦、下って再び登ります。比良岳が見えました。奥が打見山。
d0182075_8282198.jpg
そして、烏谷山(からとやま、1,077m)
d0182075_8335210.jpg
展望が良い山です。でも山頂は狭い。
d0182075_8343698.jpg
おまけに山頂までの案内が無く、この案内板の隣りの木の左側から登ります。
d0182075_8344636.jpg
そして荒川峠。ここで少し休んで体を休めます。大分、気温が上がってきました。クロノトハゲからここまでに出会ったのは若い二人組の男性だけ。何でも北小松から歩いてきたらしい!さすが、若いがちょっとバテていたようでした。縦走出来たのでしょうか、気になるところです。
d0182075_836596.jpg
ここまで5時間20分。初めての道ですが、下りの道も歩きやすい。
d0182075_8381534.jpg
途中から杉林をジグザグに下ります。
d0182075_839021.jpg
杉林が終わる辺りに水場。
d0182075_8393918.jpg
ここで頭を冷やす。気持ち良い!
再び自然林になります。
d0182075_8404110.jpg
そして登山口へ。
d0182075_8405065.jpg
ここから、舗装路を真っ直ぐ下ります。突き当りになり、どちらへ行こうか迷います。文中の地図の写真では真っ直ぐ行けるようになっていますが、行けませんので、右に曲がって歩きます。数十メートルm程歩いたら、右に下に降りる舗装された道(でも古くて汚い)。そこを下ると水路とトンネル。20m程のトンネルを歩いて外に出たらヤブ。でも、左に回り込むと大きな道路に出れました。直ぐ近くの十字路を琵琶湖方面に歩いて行くと・・・
d0182075_845196.jpg
この先の信号を下ると直ぐに志賀駅。着いたのが15時58分。少し急げば56分の電車に間に合ったかも・・・。でも、疲れていたので駅で水を補給、上着を着替えて京都に帰りました。
今日のコースは、スキー場から木戸峠へショートカットすると危なくなく、花も楽しめそうな感じで、気に入りました。これから、どこに登るか困ったら、このコースにしようと思いました。良かったです。でも、良いコースと思うのですが、本などには全く紹介されていません。新発見をしたようで更に満足の一日でした。
by furaibow581203 | 2013-07-21 08:51 | 山歩き | Comments(2)
Commented by tinnan1515 at 2013-07-22 05:23
 風来坊さん、おはようございます。
幾つものコースを縦走できて、また歩きたくなる気持ちがよく分かります。樹林地帯を歩くのが心地よさそうです。
赤い茸はタマゴタケだと思います。有毒のように思われますが無毒のようです。
Commented by 風来坊 at 2013-07-22 05:29 x
うすきさん、おはようございます。
赤いキノコは、タマゴダケですか?ありがとうございます。無毒とは思えない鮮やかな色でした。
今回のコースは人も多くなく、夏でも涼しく歩けるのでお気に入りになりました。
うすきさんも九重の山歩きを楽しまれたようですが、いつものように長い歩行時間には頭が下がります。お疲れ様でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード