ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

1年振りの由布岳(大分県由布市)

10月7日(日)晴れ
昨年、京都に転勤する前に最後に登ったのが由布岳。調べると10月8日にかずさん、S・TAROUさんと一緒。丁度、1年振りの由布岳です。
今日は、S・TAROUさん、マッスルさんと男衆3人で待ち合わせして、7時30分過ぎに登山口に到着。しかし、既に無料駐車場は満車。初めて有料駐車場(500円)に停める。既に30台以上は駐車している…。この時点で15,000円以上の収入。他人の懐具合が気になります(笑)
d0182075_37230.jpg
準備して、8時前に登山口を出発。
今日の予定では、中央登山口から登り、マタエからお鉢巡りして合野越に降りて飯盛ヶ城で花散策を楽しむつもり。少し早めに帰り渋滞を避けると言う完璧なプラン。
プランは良かったが、天気が…。由布岳の山頂にガスが掛かっている…。
d0182075_310537.jpg
でも、ガスが上がりそうな気配なので、頂上に着く頃には晴れていると期待して登る。
草原を歩き、自然林の中に入る。由布岳は杉林が少ないのでとても気持ち良い…。
d0182075_3241385.jpg
30分ほどで合野越。ここで少し休憩。
d0182075_3245171.jpg
ここからはジグザグの登山路が頂上付近まで続きます。段々、木が低くなってきました…
d0182075_327876.jpg
そうすると、次は草原に変わります。するとお花の登場。センブリが1株。ヤマラッキョウは沢山ありましたがこの辺りは蕾が多いです。しかも小さい。マッスルさんに拠ると一度登山路の脇の草が刈られているので再び芽を出したので小さく、蕾が多いのでしょうと。さすがです!
d0182075_3305725.jpg
d0182075_3311035.jpg
マタエに近づくとトリカブトやイヨフウロがありました。そしてマタエ。
ここから西峰回りで一周します。
d0182075_3331845.jpg
先ずは鎖場の直登。
d0182075_3335110.jpg
d0182075_3335977.jpg
そして、横にトラバース。ここが結構渋滞する。丁度、怖がりの方が壁にしがみつくようにしている。良く見ると鎖にカラビナを通して横に這っている。そこまでして…と思うのだが怖いのだろう…。
d0182075_3383353.jpg
却って歩きにくいのにと思いながら待っているとようやく通り抜けてくれた。風来坊の前にいた若い女性は簡単に通り過ぎた。身体を鎖に近づけすぎると却って歩きにくいのを知っているようでした。
ここを越えるとあと少しで西峰山頂。
手前にはフクオウソウや色のきれいなヤマラッキョウ。
d0182075_3393467.jpg
d0182075_3394251.jpg
そして西峰。
d0182075_340539.jpg
のんびりしたかったが、怖がりの方が居たグループが先にお鉢巡りに行きそうだったので、お断りして先に行かせて頂く。これが正解でした。今日の風来坊のナイスな判断。
西峰を下ったところにはトリカブトの群生。滑りやすいところを気をつけて降りるとお鉢巡りの最低点。ここから登り返します。
d0182075_3443582.jpg
岩場を登り、そして少し下りもありですが、結構、足場の確保が難しい箇所がある。
d0182075_3461114.jpg
d0182075_3461952.jpg
お鉢巡りが初めてのマッスルさん(ちょっとびっくり)ですが、難なくこなして行きます。
登りきったところからガスの合間に見えた鶴見岳。
d0182075_3481350.jpg
ここからの岩場も意外に気を付けなければいけません。
そして東峰。山頂の標識が折れていました…。
d0182075_3492348.jpg
ここで昼食タイム。昨日に続き、ラーメンをいただく。冬は直ぐに冷めたりするので、この時期が一番ラーメンを楽しめそうな気がします。そしてマタエに向かいます。
d0182075_3512268.jpg
上の写真の真ん中にナイフエッジのような場所があります(登山路の直ぐ右の尖った尾根)。マッスルさんは初めて西峰に登った時、ここを登ったそうです。すごく怖かったと話していました。でも、マッスルさん以外にも歩いた形跡がありました…。
初めての方は黄色の案内を良く見て登って下さい。
湯布院の町が綺麗に見えるようになりました…。
d0182075_3571587.jpg
マタエより上の西峰や東峰にはホソバノヤマハハコの群生がいっぱい。
d0182075_3582736.jpg
12時前に下山し始めましたので、沢山の登山客とすれ違います。
そして再び自然林まで下ると…
d0182075_404640.jpg
ちょっぴり紅葉が…。
でも、まだまだ緑が多い由布岳です。
d0182075_41266.jpg
合野越から飯盛ヶ城へ登ります。登り始めて直ぐにあったヒゴタイ。色はほとんど残っていませんでしたが、わずかにルリ色の気配が…。由布岳をバックにパチリ。
d0182075_43486.jpg
そして飯盛ヶ城山頂。
d0182075_433259.jpg
山頂手前に昨年沢山あったセンブリは今年は少ない。マッスルさんに拠るとセンブリは2年草なので年によっては咲いていないこともあるそうです。勉強になりました。
でも、数株のセンブリが目を楽しませてくれました…。
d0182075_455884.jpg
昨年たくさんあったウメバチソウが今年は少ない草原。
d0182075_464550.jpg
そして下山。
d0182075_47799.jpg
由布岳山頂が綺麗に見えていました。14時前に下山。約6時間の山歩き。楽しかったです。
ウメバチソウを探しに他の場所へ…。ありました!蕾が沢山ありましたのでこれからのようです。
d0182075_493669.jpg
そして、由布岳が綺麗に見える温泉で汗を流して、帰ります。渋滞もさほどでもなく、鳥栖SAでマッスルさんとお別れ、そしてS・TAROUさんを送り、家に帰ってビール。その後、焼酎ですっかり酔ったところで、散髪の予約の電話をしたら明日は休みとのこと。今からなら大丈夫と言われ、酔っ払ったまま家内に送ってもらい散髪を済ませました。長い一日でした。

でも、昨年かずさん、S・TAROUさんと登った時に何故、お鉢巡りをしなかったのだろうと思っていたのですが、昨年のブログを見返したら風来坊の大学の同級生の送別会があったので早めに帰ったようです。かずさん、失礼しました!1年越しのお詫びです。
また、帰福の度にお付き合いいただいているS・TAROUさん、色々と花を教えていただいたマッスルさんに感謝します。最後に、好きなように遊ばせてもらっている家内にも大感謝です。

三連休の最後の明日はキス釣りだ!落ちギス、釣れるでしょうか…?
by furaibow581203 | 2012-10-08 04:18 | 山歩き | Comments(6)
Commented by 豊津の信ちゃん at 2012-10-08 09:37 x
帰福の度に山歩きを楽しまれているようで~~
皆様に感謝、特に奥さまにですねぇ~(^_-)-☆
1日違いで全く同じルートを歩いていますね。
6日に行きました。同じく初めて有料のところに停めました。
同じように1台500円として・・・・・と計算する自分が~~
今日もよか天気ですね。たくさん釣れるといいですね。
Commented by マッスル at 2012-10-08 14:45 x
こんにちは
今日は釣れましたでしょうか?

毎回帰福のたびにお誘いいただいてありがとうございます
そして、毎度の長距離運転!   ひたすら感謝です(礼)

しかし、今回もアップが早いですね~(驚)
あの後、焼酎を飲んで散髪に行かれ……
まさしくサイボーグは健在ですね(笑)

こちらは、約束通りに妹をイカ食べに連れて行って、
今からブログを作成するところです(はい)
Commented by 風来坊 at 2012-10-08 15:16 x
信ちゃんさん、こんにちは。
確かに全く同じコースでした。しかもお風呂まで一緒。
駐車場の車で他人の懐具合を気にするところまでも一緒でした(笑)
今日は波が高く、ほとんど釣れませんでしたが楽しい三連休でした。ご一緒する機会がありましたら、遊んでくださいませ。
Commented by 風来坊 at 2012-10-08 15:23 x
こんにちは、マッスルさん。
私も今から釣りのブログをアップしようかと…(笑)
でも、ほとんど釣れませんでしたので写真も少なく直ぐにアップ出来そうです。写真を選ぶ手間も掛かりませんし…。イカ、喜んでいただいたようで良かったですね。さすがお兄さんです。
Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2012-10-09 05:45 x
 風来坊さん、おはようございます。
連休二日目は由布岳でしたか。
有料駐車場もほぼ満車とは。
それにしても由布岳の登山者も多いですね。
昨日の天山も大賑わいでしたでしょう。
由布岳では深まりゆく秋を楽しまれましたようで
楽しい山行でしたね。
鉄人パワーはいまだ衰えていないようでなによりです。
Commented by 風来坊 at 2012-10-09 05:52 x
おはようございます、うすきさん。
天山のコメントの返答をしたら、今度は由布岳にコメントいただいていました(笑)
有料駐車場は200台以上は入ったのではと推測いたします。山ガール・家族登山が多かったです。でも、登山路を良く調べないまま登ってくる人も居て、ちょっと心配になります。
ガスがかかったりしましたが、1年ぶりの由布岳を堪能しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード