ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

牛斬山~香春三ノ岳周回(福岡県田川市)

3月10日(土) 曇り時々晴れ
朝の予報では、飯塚地方は曇り、福岡地方は雨のち曇り。
でも、高気圧が張り出してきているので悪くなる方向ではない!そう判断して決行のメールを送った。
今日の山は、牛斬山~香春岳の周回コース。山と渓谷社の「福岡県の山」に紹介されているコースそのままを歩く予定。
d0182075_18121094.jpg五木寛之の「青春の門」のプロローグにはこうある・・・
香春岳は異様な山である。
けっして高い山ではないが、そのあたえる印象が異様なのだ。
福岡市から ・・・(途中省略)・・・ 不意に奇怪な山の姿がぬっとあらわれる。
標高にくらべて、実際よりはるかに巨大な感じをうけるのは、平野部からいきなり急角度でそびえたつからだろう。
南よりのもっとも高い山から、一の岳、二の岳、三の岳と続く。
とある・・・。
1969年、週刊現代で連載が始まった小説である。写真は、改訂新版なので、初めて出たときとは少し手直しがされていると思われる。

今日は、その舞台に登場した香春岳を登る。青春の門の主人公「信介」の彼女の織江に言わせれば、今日の参加者は、S・TAROUしゃん、肉まんしゃん、そして風来坊しゃん。
肉まんしゃんとは昨年9月25日の鎮南山以来。3人揃っては、同じく8月28日の天山以来です。
小説では、国道201号、八木山峠から田川に向かうととあるのだが、今日は県道60号、ショウケ越えから201号に合流。
車は、JR採銅所駅に置く。準備して、登り始めようとしたら踏み切りの警告音。
列車が来た・・・。写真を写していたら反対から列車。ここですれ違うらしい。
d0182075_18312211.jpg
後ろに見えるのは「竜ケ鼻681m」と思われる。良い景色です。桜の開花の季節はもっと良いでしょうね。
でも、左手前には菜の花が少しありました。
列車を見ていたので、登り始めは8時50分。舗装路を登っていくと・・・  登山口。
d0182075_18361318.jpg
今日、香春岳は3人とも初めて。S・TAROUさんが積極的にリードしてくれる。
相変わらず速いペース。どんどん登っていきます。
d0182075_1842411.jpgd0182075_18425047.jpg








本の時間より少し早く、縦走路に合流。登ってきた方向から左に向かう。
d0182075_18441791.jpg
ほどなく、山頂。
d0182075_18444925.jpg
580mの牛斬山です。曇りの予報でしたが、結構晴れ間が多い。良いですね。
香春岳の三つの岳が綺麗に見えます。
d0182075_18465613.jpg
右から、一ノ岳、二ノ岳、三ノ岳です。五木寛之の小説では「の」がひらがなでしたが、ガイドブックや案内板はカタカナなのでそちらを採用しています。一ノ岳は石灰岩の採取で平坦になっています。
一旦、引き返して福地山方面を目指すと直ぐに分かれ道。
ここから、牛斬峠へ左に折れます。
d0182075_18552346.jpg
どんどん下っていきます。牛斬峠からは急な下り。しばらく下っていくと目指す香春岳三ノ岳が大きく見えます。
d0182075_18554471.jpg
五徳越峠が見えてきたところです。後ろを振り返ると・・・・
d0182075_1857724.jpg
舗装路を横切り、岩登りコースと書いてある登り口を登る。
しばらく、登っていくと分かれ道。
d0182075_18584080.jpg
ガイドブックには、岩登りコースは岩場に慣れていないと無理と書いてあるが、この3人なら大丈夫と登る。最初は、土の登りだが直ぐに岩が見える。岩登りコースと言ってもまあ大丈夫だろうと思って登ると・・・
岩場の連続。落ちそうな場所はないが、足を大きく踏み上げたり、足場を探すところが多い。
d0182075_192537.jpg
途中で休みながら登る。
二ノ岳が見える岩場。
d0182075_1925227.jpg
更に岩場が続く。想定外の岩場の連続。
確かに岩場に慣れていないと大変かも知れません。
d0182075_1951078.jpg
ようやく、登りきりましたが、今度は横に岩場を進みます。
d0182075_1954737.jpg
そして香春岳三ノ岳山頂です(511m)
d0182075_1964719.jpg
苦労した分だけ喜びも一入。ここで、行動食と休憩。
二ノ岳は行けないとあるが案内板はある・・・。でも、止めておこう。
見える場所まで足を運び、二ノ岳を撮影。
d0182075_1984929.jpg
後は、ファミリーコースを下山。更に舗装路を下って採銅所駅へ帰る。
途中にあったオオイヌノフグリの群落。
d0182075_1910739.jpg
春ですね。
帰りは、まむしラーメンに寄ったが店が閉まっている(後で調べたら、移転したようです)
引き返して、しる商人で「塩ラーメン」を注文。
d0182075_19113211.jpg
この後、庄内温泉で汗を流して家路についた。
肉まんしゃんの501回目の山歩きに、ご一緒できて良かったです(笑)
by furaibow581203 | 2012-03-10 19:14 | 山歩き | Comments(8)
Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2012-03-10 21:49 x
 風来坊さん、こんばんは。
五木寛之・「青春の門」・香春岳、山崎ハコ”織江の唄”
信ちゃん、信介しゃんから肉まんしゃんには思わず笑みがこぼれてきました。
香春岳にはいつの日にかとは思っていましたので大変参考になりました。
風来坊さんは501回目ですね。私は500回目の山を考えております。
Commented by 風来坊 at 2012-03-11 05:09 x
うすきさん、おはようございます。
昔、青春の門を読んだのですが、30年以上前だったので今、図書館で借りて読み直しているところです。昔は、筑豊の地理感も無かったのですが、今は大分分かるようになり面白く読んでいます。
その最初に出てくる香春岳を是非と今回企画しました。
幸い、香春岳は3人とも初めてでしたので良かったです。
岩登りコースは、雨の日などは厳しいですので、晴れた日に滑りにくい手袋を付けて登られるようにして下さい。
501回目は肉まんさんで、風来坊は記録無しです。おそらく、200回くらいと思います。
Commented by かず at 2012-03-11 07:07 x
風来坊しゃんおはようございます
今回も行けなくて残念無念
予報と違いまさかの青空でしたね(笑)
岩場面白そうです。登ってみたかぁ~。。
Commented by 風来坊 at 2012-03-11 07:23 x
おはようございます、かずしゃん(笑)
三ノ岳への岩登りコース、かずさんに登って欲しいコースでした。
他の方では厳しいかと思いますが、かずさんなら喜んで登っただろうと3人で話していました。
お忙しいようですが、時間が許す時は山を楽しまれて下さい。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2012-03-11 15:47 x
風来坊しゃん、帰ってきとったんね~^^
相方さんは香春町出身です。けど余り記憶はないようです。
兄弟がおり、本家・新家といろんな縁者がいるようです。
二ノ岳も登ることは出来ます。
やはり岩場と巻道とあります。
お猿さんには遇わなかったですか~
Commented by 風来坊 at 2012-03-11 16:07 x
信ちゃんさん、こんにちは。
帰ってきとらしたとよ(笑)二の岳は案内板がありましたので、登れるとは思ったのですが、本などには禁止とあるので遠慮しました。お猿さん注意の看板があったのですが、看板だけでした。風来坊が戌年なので敬遠されたかも(笑)
牛斬山から見える枯れ草色の山が、信ちゃんさんがつい先日行かれた貫山では?などと話しておりました。
Commented by S・TAROU at 2012-03-11 20:42 x
こんばんわ。牛斬山、香春岳大変お世話になりました。それにしても当日の夜にはブログアップとは驚きました。
今回のハイライトは何と言っても岩登りルートでした。何時まで続くぞ岩登り、最後に山頂に着いたと思ったらそれからの横歩きには閉口しました(笑)気候的にもちょうど良い時期でした。
またよろしくお願いします。
Commented by 風来坊 at 2012-03-11 22:41 x
こんばんは、S・TAROUしゃん。
昨日は先頭を切って登っていただきましたが、付いていくのがやっとでした(ハアハア)
岩登り、でも面白かったですね。
今日も車谷へ花を観察に行きました。明日、ブログアップします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード