ブログトップ

風来坊のアウトドアライフ

furaibow.exblog.jp

福岡や九州中心の山歩きや野菜作り、その他のレポートを記録しています。よろしくお願いします。

4月22日(土)雨のち曇り
21日、24日を休んで、念願の屋久島へ行くことにした。
屋久島は、GWや夏は多いらしいが、4月が意外に穴場。
そこでGW前のこの週に計画。21日に屋久島に入り、22日太忠岳、本富岳。
23日に淀川から黒味岳、宮之浦岳、永田岳を歩き、縄文杉を見て、荒川に下山。
淀川までは、屋久杉自然館からタクシー(料金は6,000円超)に乗り、荒川からはバスで自然館まで。
そうすれば、縄文杉も見れるのです。九州百名山も6座がっちりゲット!
22日と23日は天候次第で入れ替えようと。九州最高峰の宮之浦岳は晴れた時に歩きたい。
24日は愛子岳を登って、13時過ぎの飛行機で福岡へ帰る。段取りは整いました。
21日14時過ぎに、屋久島へ初上陸!
d0182075_23482170.jpg
レンタカーを借りて、白谷雲水峡へ向かう。少し時間に余裕があるので観光を(笑)
でも、途中からガスがでて運転しにくい・・・。案の定、着いたら・・・。
d0182075_23493423.jpg
ガスで真っ白のまさしく白谷の雲水峡。
駐車場でガイドの人に聞いてもさっぱりとのことでしたのですごすごと引き返しました。
初日は不発・・・。スーパーやドラッグストアーで買い物して、車中泊の準備。
今回、フェリー定期点検のため先に屋久島に行けなかったいーさんが同じ日程で屋久島に入るとのことでしたので連絡を取り、同じ場所で泊まることにしました。
22日、いーさんは本富岳だけ。23日は黒味岳に、調子が良ければ宮之浦岳、24日は愛子とほぼ同じスケジュールを合せていただきました。お蔭で、23日は淀川までいーさんが送ってくれると言うことになり、タクシーはキャンセル。タクシー代が助かりました。

山歩き初日の22日、先ずはヤクスギランドへ。
暗くて駐車場が分からない。入口付近はスペースが余りなく、停めて良いか不明。
少し探して、ランドから少し先にある駐車場を見つけて、ここに駐車。
雨が降っていたので最初からレインウェアを着用して、5時半前にヤクスギランド入口から歩き始めた。
d0182075_00003919.jpg
まだ暗い順路を進みます。
d0182075_00055599.jpg
吊橋を渡って、先に進む。雨で水量が多いよう。
千年杉を通り越し、さらに進むと「ひげ長老」と名付けられた屋久杉が。
d0182075_00064794.jpg
やっぱり、大きい。
名前の通り、杉が多い森。薩摩藩の時代に伐採された屋久杉だが、この辺りも伐採されたそう。
それでもこれだけの杉が残っています。
さて、屋久島は自然保護のため、携帯トイレの使用が勧められている。
今回風来坊は福岡で購入して持参したが、屋久島で買った方がどうやら安そうだった。
そのトイレブースですが、中はこんな感じ。
d0182075_00150679.jpg
今回、風来坊は結局トイレを使うことなく、山歩きを終えましたので、使い心地は不明です。
太忠岳では、ひげ長老の先にあるブースが最初で最後ですので気を付けて。
そして蛇紋杉。
d0182075_00175434.jpg
杉の倒木の根が蛇紋のようとのことで名づけられた。
ここから先が太忠岳への登山路になります。ここから先の森も良い。
d0182075_00201578.jpg
杉の古木が多い。次世代の屋久杉が育っています。
そんな森でも杉の世代交代も。
d0182075_00214739.jpg
自然の営みを強く感じる場所でした。そして天文の森へ。
d0182075_00234357.jpg
この辺りも良い。屋久杉やその他の大木を見に来たって感じがしますね。
d0182075_00243879.jpg
雨で濡れた森を楽しみ、足元に気をつけながら先に進みます。天文の森から40分ほどで大岩へ。
d0182075_00273748.jpg
太忠岳まで残り1km。
ガイドブックでは、ここから岩や木の根をすり抜けると石塚別れがあるとあったが気付かずに。
d0182075_00322642.jpg
太忠岳(1497m)の天柱石が見えました!廻りこむと・・・。
d0182075_00333429.jpg
デカい!岩の下に降りて、ロープを掴んで登ります。
d0182075_00342495.jpg
ロープは太いので大丈夫。でも、上に上がって見ると仕掛けは・・・。
d0182075_00352408.jpg
少し切れ始めている・・・。それだけ来る人が多いのでしょうね。
天柱石の下のテラスからの景色です。
d0182075_00363223.jpg
雨も上がり、安房の港や遠くに種子島が見えました。
左に目を移すと、多分尖っているのが愛子岳かな・・・。
d0182075_00381953.jpg
良い景色です。雨が上がって良かった・・・。ここで少し行動食をいただいて、付近を徘徊。
天柱石は大きい。高さは30mほどだろうか・・・。
d0182075_00404364.jpg
角度を変えて。
d0182075_00412246.jpg
廻りこんだところに祠がありました。感謝の祈りを捧げます。
d0182075_00421217.jpg
昔から山を崇めてきた証が残っていますね。
次の山もあるので、下山。
登りでは屋久杉に目が向きましたが、今度はコケに。
d0182075_00433273.jpg
雨上がりの後だけに元気そう。
d0182075_00443741.jpg
蛇紋杉に帰るまで、誰にも会わなかった。太忠岳を独占出来て満足です。
予定では、蛇紋杉から遊歩道を周回するつもりだったが、行き過ぎて、途中から周回。
ランドの森や沢を楽しみます。沢の水の色がとっても良い。
d0182075_00471981.jpg
下山してから見た太忠岳です。独特の形の天柱石ですねぇ。
d0182075_00591414.jpg
下山したあと、少し淀川登山口方面へ走り、紀元杉を見る。
d0182075_01001167.jpg
今日見た中では一番大きい。やっぱり存在感が凄い。

そして本富岳へ。
山を下り、島を周回する県道77号から千尋の滝方面の案内で右折し、少し走ると竜神ノ滝。
d0182075_01030735.jpg
良い感じの滝でした。橋の上に車を停めて撮影。
そして、千尋滝展望台の駐車場へ。車は少ない。いーさんの車の隣に停めて準備。
晴れてきはじめたと思っていたら、再び雨になり、レインウェアのまま、11時半前に出発。
d0182075_01061967.jpg
最初はなだらかだが、直ぐに急登になる。
標高の標識が100m毎にあるが、これを励みに標高を稼ぐ。
d0182075_01075376.jpg
500mを過ぎた辺りから沢を何度か横切るが、その雰囲気が良い。
写真で良さを伝えられないのが残念です。
d0182075_01091054.jpg
朝の太忠岳は屋久杉の森を歩くと言った感じでしたが、こちらは杉は無い。
看板に万代杉の案内はあるものの、あるのかな?といった感じなのです。
でも、こつ然と姿を現した万代杉。これも大きい。
d0182075_01112098.jpg
間近で見ると迫力満点です。
万代杉から少し登った800m手前でいーさんとすれ違いました。お疲れ様です。
すれ違った場所から少し先にあるのがモッチョム太郎と名付けられた屋久杉。
d0182075_01131386.jpg
苔むした木肌が何とも言えません。
でも、このルートにはこの2本くらいしか屋久杉が無い。不思議です。
ここから35分ほど登ると、展望が開けた場所へ。
標識などは無いが、ここがこのルートの最高地点(979m)らしい。
d0182075_01175746.jpg
ガスで展望は全く無し。
下は帰りに撮った写真、こんな感じに見えるのです。
d0182075_01191316.jpg
右の尖った山が本富岳(940m)。40m以上低いように感じます。
というのも見た目だけでなく、ここからかなり下ります。アップダウンしますが、かなり下ると言う印象。
d0182075_01220695.jpg
こんなロープ場がいくつか。
30分弱で人の声がすると思ったら、山頂が見え、ロープで登って山頂へ。
d0182075_01225062.jpg
ガスで全く展望のない山頂でした(笑)
山頂へ登ったロープの反対にもロープがあったので下ってみると、祠が。
d0182075_01240174.jpg
こちらにも参拝。無事に下山できるよう祈ります。
展望が期待出来そうに無かったので、早々に下山します。
でも、途中少しガスが晴れたりしてくれて、雰囲気は感じることが出来ました。
d0182075_01254395.jpg
d0182075_01260319.jpg
最高地点近くから見る本富岳はやっぱりかなり低く感じますねぇ・・・。でも、形は良い。
d0182075_01272518.jpg
下山の際には花も探す余裕が出来て・・・。シャリンバイ?や
d0182075_01282519.jpg
こちらはこれから調べます。
d0182075_01283844.jpg
本富岳でもコケが良かった・・・。
d0182075_01294782.jpg
ふかふかの絨毯みたい。こちらは緑がいろいろで。
d0182075_01301947.jpg
下山したら千尋ノ滝を見て、今日の山歩きが終了です。
d0182075_01322648.jpg
太忠岳が4時間半ちょっと、本富岳が5時間と10時間近く山を堪能。
帰りに近くの尾之間の温泉(200円、石鹸なしです)で汗を流して、ビールで乾杯。
つまみをいただいて、三岳を少し飲んだら直ぐに爆睡。
明日は晴れを期待しよう!今回のメインと思っていますので。


# by furaibow581203 | 2017-04-24 23:55 | 山歩き | Comments(7)
4月16日(日)曇りのち晴れ
昨日は井原山。今日は金山へ。
見つけていたショウジョウバカマの群落が気になって・・・。
井原山の状況から期待薄と思いましたが、やっぱり自分の目で確認してみたいと。
この日は朝から霧が立ち込めていたので、予定より出発を遅らせて、7時半過ぎに登山口を出発。
d0182075_03475770.jpg
登山口付近の標高では霧も晴れていました。
他の山でみられた珍しい花が、もしかしてここでも・・・と目を凝らしますが・・・。
何も無く(笑)
登山路にこれでもかと言うほど主張しているサツマイナモリを写します。
d0182075_03494513.jpg
橋を渡り、沢沿いを進むと杉の古木が目についた・・・。
d0182075_03515318.jpg
今まで気付かなかったが、結構幹回りが大きい。
金山の中でも一番古い杉かも。
今まで歩いていてなぜ気付かなかったのでしょうね。風来坊の目は節穴だらけです。
昨日から気温も上がり、沢の緑が何となく色濃く感じます。
d0182075_03544589.jpg
歩き始めて、1時間10分ほどで直登コース・アゴ坂峠の分岐。
d0182075_03555661.jpg
ここで少し休憩。
久し振りに直登コースを登るので気合を入れ直す(笑)
以前より最後の登りの道が分かりやすくなっていました。50分ほどで山頂へ。
d0182075_03565025.jpg
山頂付近から見た福岡市方面。9時半を過ぎていましたが、まだ霧が残っていたようです。
d0182075_03584893.jpg
今日登りながら花を探していたら、思ったより花がありました。
量は多くありませんが、コガネネコノメソウやヤマルリソウ、ホソバナコバイモにエンゴサクなど種類はそれなりに楽しめました。でも、他の花を探してフラフラと・・・。

フデリンドウが開いていました!今年初で嬉しい。
d0182075_03595384.jpg
エイザンスミレもありました。
d0182075_04001896.jpg
ワサビの花も。
d0182075_04032628.jpg
今日の主目的のショウジョウバカマはほぼ終わっていました。
本当はこんな状態の花が・・・
d0182075_04042752.jpg
たくさん咲き誇っていればとかすかに期待しましたが、予想通り終わって・・・。
こんな状態でした。
d0182075_04053510.jpg
d0182075_04054223.jpg
来年以降の楽しみに残しておきましょうね。
お昼は下山途中のお気に入りのここで。
d0182075_04064395.jpg
登山路脇でいただくのは余り好きではありませんが、沢を眺めながらのランチタイムを楽しみました。
下山したあとは畑仕事をたっぷりと。

今日の行程
 登山口7時34分→分岐8時44分~51分→山頂9時38分→昼食10時57分~11時10分→登山口11時53分
YAMAPはこちら


# by furaibow581203 | 2017-04-17 06:42 | 山歩き | Comments(12)
4月15日(土)曇り
今年の皆さんの情報からすれば、井原山のニリンソウの見頃は来週と思われる・・・。
昨年は16日に見たのだが、丁度見頃でした。昨年は早かったのだ。
でも、来週、再来週は他の山へ行く予定にしているのでこの週末しか行けない。
日曜の方が天気が良さそうだが、その分、人も多そう。
なら、今日出掛けるか・・・とキトク橋へ。
d0182075_01295155.jpg
既に3台の車が。
新設されたトイレはとってもきれいでした。糸島市、頑張っている!
準備して7時20分過ぎに出発。
洗谷から登り、縦走路を944ピークまで。
そして水無の花散策をして、戻るというこの時期花を楽しめるフルコース(笑)
d0182075_01322796.jpg
谷へ入ると割と水量が多い。渡渉が多いコースなので慎重に歩く。
洗谷コースへ入ってから植林地でヒトリシズカに出合えて満足しましたが、写真は不満足の出来・・・。
コチャルメルソウ、ヤマルリソウ、ジロボウエンゴサクなど種類はまずまず。
歩き始めて1時間半ほどで第一のロープ場へ。
d0182075_01355636.jpg
ここにトウゴクサバノオがあるのだが、開いてくれず残念。
ここをクリアして、第二のロープ場、そして第三のロープ場の二段の滝へ。
d0182075_01381334.jpg
ショウジョウバカマが迎えてくれると思っていましたが、既に終わりかけ。
これは予想外。丁度見頃と思っていただけに残念でした。
水場で水分を補給して、
d0182075_01401460.jpg
再び、沢を登りつめます。
最後の登りはいつも昔の登山路だった右を使うのですが、今日は新しい方の左から登りました。
縦走路へ出るまで2時間半。ゆっくりと歩きました。
d0182075_01423782.jpg
ここから雷山方面へ。
洗谷で出合った花は、コガネネコノメソウや
d0182075_01431760.jpg
イワボタンのネコノメソウの仲間に
d0182075_01435604.jpg
ヤマエンゴサク
d0182075_01443526.jpg
ハルトラノオに
d0182075_01451562.jpg
ユリワサビと続きます。
d0182075_01461474.jpg
二段の滝周辺で見たショウジョウバカマや
d0182075_01473235.jpg
ホソバナコバイモは終わりかけでした。
d0182075_01481059.jpg
上の方で何とか開いていたトウゴクサバノオを写して終わり。
d0182075_01484197.jpg
縦走路はまだまだ緑が少ない。
d0182075_01495716.jpg
944mのピークまで来たところで引き返す。
d0182075_01502677.jpg
縦走路にはニシコゴロモやホソバナコバイモにエイザンスミレやいくつかのスミレくらい。
この辺りが賑やかになるのはもう少し先のようです。
井原山山頂は思ったより人が多くなく、割と静かでした。
d0182075_01530886.jpg
山頂のオキナグサはまだ芽が出たくらいで花芽は分からず、今年咲くかどうかは不明。
食事を済ませて、ダルメキ谷コースから水無へ下ります。
下る途中で今日の課題を探したのですが、不発(笑)
d0182075_01550598.jpg
水無は緑が多くなって良い感じです。
d0182075_01562207.jpg
では、ニリンソウの群生地へ行きましょう。
中に入るとたくさんのニリンソウがお出迎えのはずが・・・
d0182075_01573922.jpg
あれっ・・・、少ない。視野を拡げても
d0182075_01584894.jpg
d0182075_01590130.jpg
蕾も少なそう・・・。
もう少し奥を探すのですが、これが精一杯。
d0182075_02000293.jpg
昨年の写真(下の2枚)と比べて下さい。
d0182075_02003056.jpg
d0182075_02004574.jpg
まだまだ先なのか分かりませんが、少なくともこの週末は見頃ではありませんでした。
でも、登山路に咲いているのをアップで写すとそれなりに。
d0182075_02024497.jpg
d0182075_02030104.jpg
また、別の群生地を覗いて見たら
d0182075_02033250.jpg
それなりに楽しむことが出来て満足。
イチリンソウもこれからのようです。
d0182075_02041269.jpg
シロバナネコノメソウはほぼ終わり。
マッチ棒(おしべ)がある花がほとんど残っていませんでした。
d0182075_02045933.jpg
ワサビの花はこれからまだ楽しめそう。
d0182075_02053159.jpg
最後に何とか水無で開いていたトウゴクサバノオを写して、今日の花散策は終わり。
d0182075_02061874.jpg
結構、長く山に入っていました。
夕方には雨になりましたので、丁度良い時間に終えて良かった。
PS:水無で会ったご夫婦の方、芽が出始めていたヒメナベワリは本物ですが、小さい方は花が終わったホソバナコバイモでした。家に帰って写真を見て気付きました。失礼しました(詫)

今日の行程
 キトク橋7時23分→第一のロープ8時51分→第三のロープ9時23分→縦走路9時51分
 →944ピーク10時23分→井原山11時18分~45分→水無12時45分→キトク橋15時51分
YAMAPはこちら


# by furaibow581203 | 2017-04-16 02:10 | 山歩き | Comments(8)
4月9日(日)曇り時々晴れ
2月の終わりにポンちゃんからいただいた正式な案内メールに今回のコースが記されていた。
佐土原登山口から飯盛山を経て、由布岳西峰、そして塚原登山口へ下る。
由布岳を西から東に横断するコースです。
案内にはハードで、8時間を想定しているとも書かれていた・・・。
しかも出来ればヘルメットもあった方が良いと最近お話した時に聞かされた。
素直な?風来坊はヘルメットを購入して、今日に備えた。
また、先週の英彦山ミステリーツアーの最後に今週の天気祈祷の係はポンちゃんと風来坊と指名され
毎日、天気予報を取りあえず見ていたが、日曜雨の予報は変わらないまま・・・。

しかし、週末になり日曜だけが何とかなりそうに変化。
これは、二人の祈祷と言うより、参加者の執念か・・・。ありがたい!
前日の土曜夕方には、催行決定のメールがポンちゃんから。
4人で乗り合わせて、曇りの福岡を出発したものの、玖珠辺りから雨。
登り始めはレインウェア着用かと覚悟しましたが、車をデポして出発前のミーティングをするころには止んでくれた。良かったねぇ・・・。
d0182075_04204989.jpg
由布岳の登山口でもっともマイナーな佐土原登山口から登ります。
今日の参加者は、Y師匠、信ちゃん&俊ちゃん、higetiasさん&mamatiasさん、いーさん、うすきハッピーリタイアメントさん、隊長、ポンちゃん、寝太郎さんと風来坊の11名。
雨は湯布院でも降っていたようで、歩き始めて直ぐの木の上のコケにしっかりと雨つぶが・・・。
d0182075_04262424.jpg
上重見橋から入ってしばらく歩くと、砂防ダムの取り付きがあり、ここから登山路へ。
d0182075_04252533.jpg
いきなり急登が続く。最初は植林の中を。倒木をまたぎ、避けながら。
d0182075_04280693.jpg
テープはあるけど踏み跡は無い。確かにマイナーなルートのよう。
植林地を10分ほど登って行くと自然林に変化。良いねぇ・・・。
d0182075_04292479.jpg
でも、傾斜はどんどんきつくなる。
この時期なので花も少なく、ヤマシャクヤクの蕾やハシリドコロの芽を写すくらいで休む暇がない。
d0182075_04304065.jpg
他にはフデリンドウの花芽とか見つけるのだか、先頭を歩くポンちゃんは振り向きもしてくれない・・・。
何とか休憩を請願して、時々休んでいただく。ホッ・・・。
急登になると生き生きするポンちゃん、その脚力が羨ましい・・・。
今日の登りは本当に直登の名が相応しい登り。体力と気力を削がれますねぇ。
木の花はクロモジ(シロモジ?)やアセビ、シキミなどがありました。
d0182075_04344767.jpg
もう少し遅い時期になれば山野草がありそうですが、なかなか厳しいコースです。
登り始めて2時間ほどで飯盛山への分岐に到着。ここから左にトラバース。
どうやら先に尖ったように見えるのが飯盛山のよう。
d0182075_04362666.jpg
近くに見えるのですが、ここからの道もなかなか苦労する。
d0182075_04382368.jpg
遠くに福万山を見ながら横に歩くのですが、道なき道を進むので時間がかかる。
ようやく山頂が直ぐ近くになりましたが、ここからも苦労の連続。
d0182075_04391895.jpg
「山を登ったぁ~」と言う気持ちに浸りきるほど苦労してようやく飯盛山(1347m)の山頂へ。
d0182075_04404622.jpg
Y師匠が指差しているのは由布岳西峰。堂々たる姿です。
風来坊がここに立った時はへっぴり腰(笑)。年季が違いますね。
山頂を降りて、どこから西峰を目指すのかが分からないが、一旦引き返して途中から登る戦略のよう。
飯盛山の山頂周囲は鹿のフンや猪のヌタ場があり、普段は人が入り込まないところと分かる。
d0182075_04451960.jpg
この辺りは土が湿っていて、池代という名がぴったりの場所でした。
分岐手前くらいから登って行くが、ここも難路が続く。ブッシュをかき分け、道なき道を登るのです。
山頂近くになると岩が崩れているところもあり、昨年の地震の影響がまだ色濃く残っています。
d0182075_04440874.jpg
そして、ようやく登山路に出合った時には登山路の有り難さを改めて再確認(嬉)。
取りあえず由布岳西峰をめざして、到着。
d0182075_04464523.jpg
上の写真、奥に見えるは鶴見岳。本日は一気登山開催日でした。きっと賑わったことでしょう。
西峰には我々だけ。
マタエや東峰には人がいますが、こちらを避けているよう。
d0182075_04474896.jpg
西峰を少し北へ下った鞍部で昼食タイム。今日ほど昼食が待ち遠しかったことは無い(笑)
ここからは登山道を下るだけですので、少し安心。
ヘルメットもザックに仕舞います。今日の登りには大活躍だったヘルメットでした。
ヘルメットは着用しませんが、最後まで気を抜かずに下りましょう!
d0182075_04493126.jpg
お鉢廻りの一番低いところくらいから塚原登山口へ左折。
自然林の中を歩くが気持ち良い。道も快適。皆さんの声も弾んでいました。
d0182075_04504573.jpg
でも、途中からガス。
d0182075_04513677.jpg
もしかしたら雨? なら、ヤブレガサ(orタイミンガサ?)の出番です!
d0182075_04515535.jpg
そんなことにはならず、無事に塚原登山口に下山。
最後は工事用の車道を下って塚原ルートの始点へ。
d0182075_04523320.jpg
約7時間の山歩き。今日はしんどかったぁ~。
今日の横断ルート、特に佐土原からの登りは人が入り込まない自然を残して欲しい気もするので、
あまり歩かない方が良いかも。もしかしたら最初で最後になるかも知れない貴重な山歩きでした。

場所を移動して少し花散策を楽しみました。
キスミレや
d0182075_04543963.jpg
フクジュソウを楽しんで今日の山歩きは終わり。
d0182075_04552459.jpg
皆さんと別れて、いつもの湯布院の温泉で汗を流して帰福。ポンちゃん、運転ありがとうございました。
家に着いたのは18時30分過ぎ、夕方の方が気温が低かったですね。
福岡は夕方には雨が降ったと家内から聞きました。
今日は奇跡的に雨を避けて歩けたよう。良かったです。皆さんに感謝です。

今日の行程
 佐土原登山口7時17分→飯盛山10時6分~14分→由布岳西峰11時59分→昼食12時12分~31分
 →塚原登山口ゲート14時5分
飯盛山から西峰まではルートを外れているので、YAMAPは注意!願います。


# by furaibow581203 | 2017-04-10 04:58 | 山歩き | Comments(20)
4月2日(日)曇り時々あられ・雪・雨
先週、ポンちゃんから英彦山に詳しいTさんと英彦山を歩くので行きませんか?のお誘いメール。
英彦山も魅力的なフィールドですので、直ぐに参加表明。
でも、どこをどうやって登るかは知らないまま。人任せの風来坊です。
集合時間に着いたのは、信ちゃん&俊ちゃん、higetiasさん&mamatiasさんにポンちゃん。
風来坊は隊長の車で参加。そして今日の強力な助っ人、Tさんに、Mさん。
お二人を知らないポンちゃん、隊長、風来坊が簡単なあいさつを済ませたら別所駐車場9時過ぎに出発
d0182075_03233767.jpg
英彦山神社の参道を横切り、昨年スピンオフ企画で歩いたところから入山。
d0182075_03243554.jpg
橋を渡ります。ここから少し先までは昨年歩いたのですが、そこから先は未知の世界。
後ろを付いて行くだけですので、どう曲がったのかさえ不明。
しばらく歩くとやせ尾根の岩場を通り過ぎて・・・。
d0182075_03261378.jpg
と思ったら、谷に下り、渡渉。
d0182075_03270245.jpg
知っている人でも分からなくなるような位置関係。
不明なまま付いて行くと、大きな親子三代窟(ポンちゃんの発言を参考に名づけました)へ。
とても大きな親窟。
d0182075_03285976.jpg
その下に、子窟(下写真手前)・孫窟(同奥)と続く。
d0182075_03295593.jpg
岩場の多い英彦山では、このように岩場の空間を利用して修行をしていたらしいのです。
そして、しばらく歩き、急な斜面を登ります。
d0182075_03325451.jpg
すると何と!ミツマタの群落地へ到着。
d0182075_03333351.jpg
修行僧が収入源としてミツマタを植えた名残とのこと。
アップで写します。
d0182075_03354324.jpg
ポンちゃんは以前来たらしいがルートは違っていたとのこと。
群落地奥の立派な石垣の横を登って
d0182075_03362395.jpg
上に登ると、上の方の斜面にも群落が。
d0182075_03365917.jpg
これだけの量で和紙を作れば、それなりの収入になったのでしょうね。
良い群落地を教えていただきました。でも、多分、二度と来れない(笑)

この後、沢筋の道を歩きます。
d0182075_03393897.jpg
だんだんと道がしっかりしてきたと思ったら、石垣が見えてきました。
d0182075_03402287.jpg
修行僧が住んだ坊の跡なのでしょうね。
立派な庭園風の場所もあって、なかなかの雰囲気。
d0182075_03421608.jpg
一旦、陽が差したと思っていたら、急に暗くなり、あられが降ってきました!
d0182075_03424336.jpg
まるで立ち入りを拒むよう。でも、Tさんは構わず案内を続けてくれます。
途中の石像に祈りをささげ
d0182075_03444437.jpg
玉屋神社にも立ち寄り参拝して、怒りを鎮めるかのよう・・・。
d0182075_03445545.jpg
風来坊もお祈りを捧げました。
ご神木にもお祈りを・・・。
d0182075_03454047.jpg
さらに小さな窟を巡って
d0182075_03462084.jpg
大南神社の横の窟で昼食タイム。
暖かいカップ蕎麦が胃に沁みます・・・。さらに甘いカフェオレで糖分補給。
d0182075_03475521.jpg
休憩のののち、再び、案内されたのはドクロのように見える窟。
d0182075_03485395.jpg
しかし、こんな場所に良く来るねぇ・・・と言った場所にありました。
さらにびっくりしたのが、観音窟。
d0182075_03504658.jpg
岩で出来た観音扉が窟の中に作ってあります。
文字を見ると元禄14年、赤穂浪士討ち入りと同じ年なんです(higeさんが教えてくれました)
こんな場所に良く作ったと思いますね。
あとはやせ尾根を下って
d0182075_03532990.jpg
近くの窟を見て
d0182075_03533262.jpg
最後に昨年もみた双戸窟(一番ドクロに見えます)も見て
d0182075_03542219.jpg
今日のミステリーツアーの終わり。
Tさん、先導してご説明いただきありがとうございました。
Mさんは最後尾で脱落者が無いように気を配っていただき、無事に歩き終えました。

今日のミツマタは圧巻でしたが、他にもゲンカイツツジや
d0182075_03563209.jpg
コショウノキや
d0182075_03572730.jpg
ホソバナコバイモの花を楽しむことが出来ました。
d0182075_03572868.jpg
あられやひょうに雪、雨と目まぐるしく変化した天気の中で貴重な山歩きを楽しめて良かったです。

今日の行程
 別所駐車場9時4分→大南神社12時2分~26分昼食→駐車場14時52分
YAMAPは一般ルートでは無いためお休み。


# by furaibow581203 | 2017-04-03 04:00 | 山歩き | Comments(15)
4月1日(土)晴れ
今日は、当初は水無の花の下見のつもりだったが、下見も何も、水無に行けるのは4月15日頃しかない。
ならば下見の意味はありませんねぇ・・・。
で、未踏の羽金山に行くことにした。地図をスマホに取り込んで出発。
d0182075_18071728.jpg
白糸の滝は行ったことが無く、羽金山の中腹にあると初めて知りました。
白糸の滝の無料駐車場にバイクを停めて11時過ぎに出発。
駐車場の裏手を登ります。トイレの裏のところにキケマンが咲いています。
d0182075_18093365.jpg
舗装路を登って行くと、北斜面にお目当てのショウジョウバカマが。
今年初めてですので、先ずは、パチリ。
d0182075_18103606.jpg
かわいらしい、清楚な感じが良いですね。
少し先に進むと増えてきました。この辺りのは濡れているのもありました。
d0182075_18121001.jpg
花が複数ある方が豪華に見えます。
そして分岐。ここを左に進みます。
d0182075_18131902.jpg
未舗装の林道を進むと土手にはショウジョウバカマがあちこちで咲いています。
おしべの色も違うのですね。時間の経過なのでしょうかねぇ・・・。
d0182075_18150622.jpg
こちらのおしべは少しむらさきがかっています。紫色は何となく高貴な感じがします。
林道をそのまま進んでいくと林道が終わった直ぐ先に縦走路の案内板。
d0182075_18165644.jpg
ここを右折。直登の登りで傾斜はそれほどでもないのですが、足場が悪く疲れます。
急ぐ訳では無いので、ゆっくりと登って行くと電波塔が見える突き当りに。
d0182075_18184084.jpg
ここは右に廻りこみ、フェンス沿いに進みます。
d0182075_18191358.jpg
廻りこんで10分ほど進むと電波塔の門へ到着。
先客が15名いましたが、どうやら見学は終わった雰囲気。
d0182075_18212386.jpg
門のインターフォンで会話して開錠してもらい、中に入る。
山頂は直ぐ。受け付けの方が待っていました。
d0182075_18223069.jpg
係の方が持っていた名簿にサインしましたが、先ほどの団体さんは長崎から来られたようでした。
係の方から、電波塔の高さは200mと教えていただく。
今日は登る人が多いですとも。皆さん、ショウジョウバカマが目当てのよう。
でも、電波塔の方は車で来るので花には興味無しとのこと。
こちらの方に花の情報を聞いても無駄です(笑)
山頂から雷山、井原山が見えます。この景色は初めて。なかなか良い。
d0182075_18253191.jpg
引き返して、門を出て直ぐのところからフェンス沿いに左に下ります。
下り終えた鞍部で、休んでいる方々が。この近くにショウジョウバカマが咲いていました。
d0182075_18265778.jpg
ここから少し登り返して、分岐を左に進むと河童山。
d0182075_18301155.jpg
ここで10分ほど昼食のパンをいただく。風も無く、心地よい。
縦走路に戻ると伐採して展望が開けているところから浮嶽方面を写します。
d0182075_18320059.jpg
縦走路を下って20分ほどで白糸の滝への分岐。
ここを右折して、杉林の中を進みます。
d0182075_18331343.jpg
舗装した林道に出合い、左に進むと最初に左折した分岐に合流。
そのまま下って、3時間20分ほどの山歩きが終わりました。
最後に白糸の滝を見物。結構、観光客が居たのにはびっくり。
d0182075_18350727.jpg
この時期でこれだけいるので、夏場が渋滞するのは必然ですね。
明日は英彦山へGO!
YAMAPはこちら→

今日の行程
 白糸の滝駐車場11時5分→縦走路分岐12時4分→羽金山12時42分~50分→河童山13時18分~28分
 →分岐13時53分→駐車場14時26分

# by furaibow581203 | 2017-04-01 18:38 | 山歩き | Comments(6)
3月31日(金)雨のち曇り
今日は昼間は借り換えた畑の手入れをして、夕方から野球観戦のつもりで休みを取った・・・。
でも、朝から雨。畑仕事は中止して、夕方から野球観戦だけ。

今年も大学の同級生が持っている年間指定席を時々使わせていただく。
開幕戦に行けない友人に代わり、風来坊が応援するのです。
友人の分まで気合を入れます。
試合開始1時間前にヤフオクドームへ着くと、既に観客が大勢。皆さん、気合が入っている。
試合開始30分前には和田投手が外野でウォームアップを始めた。
d0182075_05291926.jpg
そして開幕のアトラクションが始まった。
d0182075_05303186.jpg
最後は外野に設置した器具から火が・・・。熱男!
d0182075_05305024.jpg
今年は「1ダホー」が掛け声でした・・・(笑)
試合は和田と涌井が互いに譲らずテンポよく投げて投手戦の様相。
でも、7回に試合が動く。
和田が先制されて、嫌な雰囲気だったが、直ぐにその裏に追いつき、8回には逆転!
最後はサファテが締めて、試合終了。
d0182075_05341220.jpg
良い試合でした。(勝てばどんな展開でも(笑))
ベンチで王会長も和田投手をお出迎えしていました。(外野席上のスコアボードの映像)
d0182075_05353896.jpg
開幕3試合は毎試合記念品が配布されますが、今日はこれ・・・。
d0182075_05362552.jpg
金色のボール。今年は昨年のうさを晴らして優勝して欲しいですね。


# by furaibow581203 | 2017-03-31 00:40 | 遊び | Comments(4)
3月26日(日)晴れのち曇りのち雨
先月歩いた本チャン車谷、横には車谷左俣と言われる沢があるので
そちらを探索しようとポンちゃんと一緒に歩くことにしました。
待ち合わせの船越橋までの林道は側溝工事中で、側溝がきれいになっていますが、
3/30までは工事中らしく上に行けないようになっていました。
(帰りに見たらこの停止版を動かして上に駐車していましたが、手前からエスケープルートで上には行けますので、注意しましょう! と言っても工事はあと少しです)

d0182075_03185122.jpg
ポンちゃんはこの船越橋の手前のスペースに駐車。
風来坊はバイクでしたので、その横に停めて、8時スタート。
先ずは車谷を歩きます。少し寄り道などもしましたが・・・。
d0182075_03201094.jpg
今はホソバナコバイモが満開!ホソバナコバイモはここが一番ですね。
d0182075_03204089.jpg
この小さな花の撮影に時間を費やしました(笑)
その割にはきれいな写真が無くてすみません・・・。
そして途中にある林道を左の先端まで進み・・・。
風来坊の記憶では、尾根を越えてから遡上するつもりでしたが、
尾根を越えると地図上には沢は無い・・・。迷った末、左の沢を登って行くことに。
今日はコチャルメルソウはあちこちで。
d0182075_03213601.jpg
そして、ポンちゃんがワサビや
d0182075_03245105.jpg
ハルトラノオの蕾を発見します。
d0182075_03250394.jpg
さすが眼力が鋭い!
そして登って行くと涸れてきて・・・。どうやら車谷左俣とは違うようです・・・。
d0182075_03265416.jpg
リサーチ不足でご迷惑をおかけしました・・・。
引き返して登り返し、結局、本チャン車谷を歩きました。
d0182075_03271591.jpg
そして本チャン車谷の名物と言うか、車の残骸に。
d0182075_03280417.jpg
先日はここから右のヤブをトラバース気味に登ったのですが、へこさんは違うルートを登られたようなのでそちらを登ってみます。沢に沿って進み、
d0182075_03293313.jpg
20mほどある滝の左から登りました。(赤テープ・ロープあり)
確かにこちらの方が登りやすいが、大勢で歩くには不適なルートですね。
何とか舗装路に出て、今日の目的の一つの本チャン車谷だけは案内出来ました。
今日は気になっているところを少しリサーチしましたが、思ったより歩きにくくて。
d0182075_03324411.jpg
脊振山系の福岡側は最後は急斜面で登るのが大変。
d0182075_03333146.jpg
そこを難なくクリアするポンちゃん。参りました!
風来坊は付いて行くのがやっと・・・。
唐人の舞でポーズを取ってもらい、
d0182075_03343690.jpg
最後は、小富士と言われるピークから支尾根を下りましたが、ここも激下り。
地図で確認して修正しながら尾根を下りますが、間違えると大変です。
(風来坊は二度目ですが、最初の時は途中で赤テープを見失い、谷に降りてしまいました)
最後はトゲのある木が密集するヤブを抜けてようやくメタセコイヤの森近くの林道に降りて、一安心。
多分、もうこのルートは歩かないですね。(笑)
小富士手前から少しずつ雨が降っていましたが、14時15分に下山する頃にはポツポツと少し大粒に。
ここでポンちゃんとお別れ。今日は長い時間、お付き合いいただきありがとうございました。
ご案内するつもりが、逆に先導していただきました。
車谷左俣や他のルートなど課題も多く残っており、またお付き合い下さいませ。

今日は一般ルートでは無いので、YAMAPはお休み・・・

# by furaibow581203 | 2017-03-27 03:39 | 山歩き | Comments(14)